読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

更年期障害妻とうつ病夫の物語 うつ病・更年期障害克服ブログ

うつ病にかかってしまった夫。その妻(それにより更年期障害が悪化、自律神経失調症になる)から見たうつ病への接し方と回復解決方法についてのブログです。夫婦と家族を襲ったうつ病が発生させる悪夢の日々の描写や夫婦間のすれ違いと諍い、その一方で支え合いと愛情。悲喜こもごもの夫婦のうつ病ライフでした。うつ病解決までの道のりも書いています。そして私の更年期障害の悪化と苦しさと回復についても記述していきたいと思います。

私の更年期障害・自律神経失調症が治った理由考察 脳内ホルモンを出す方法

私の更年期障害の症状と回復方法

 

 

 

更年期障害がひどい人は、そこに必ずメンタル面でのストレスや悩みがあると思います。

 

家族の無理解、仕事のプレッシャー、将来への不安、身体の不調などが積み重なると、更年期障害が、うつ病に陥らせてしまうほど牙を向いてくるのです。

 

ただでさえ、女性の更年期には卵巣機能低下によるエストロゲン不足で、体調が狂ってしまうのに、火に油を注いでしまうのが、メンタル面での問題です。

 

脳内神経伝達物質も狂いますし、いい神経伝達物質が抑制され、不安、イライラが増す伝達物質だけが出てしまうなんてことになったら、自律神経失調症になるのも無理はなかったのだと思います。

 

自律神経失調症になると、更年期障害の症状がひどく悪化するのも道理でした。

 

私が更年期障害に苦しんだのもちゃんとした原因と理由がありましたし、なるほど、苦しんで当たり前の脳内状態だったんだなと思います。

 

もし「なぜ私だけ、こんなきつい思いをしなくちゃいけないの!」と爆発しそうぐらい更年期障害で苦しみ続けている方は、悪化させてしまっている原因がかならずあると思います。

 

精神面の状態は、脳内のホルモンバランスも崩しますし、ただでさえエストロゲンの不足で心身に不調が来ていますので、影響を受けないわけがありません。

 

でも、残念なことに、お医者さんもあんまり精神面の問題についてノータッチだったりしますよね。

 

そちらの不調を訴えても、精神安定剤を出したり、必要ないのに抗うつ薬を安易に処方したり(夫がうつ病だったので、抗うつ薬の長所短所をよくわかっているつもりです)

 

症状に苦しんでいた時、そんなことも思いもよらず、目の前の体の絶不調、最悪の精神状態、うつ病の夫と私と娘の将来の不安だけに振り回されていました。

 

幸い、うつ病克服の件で夫もお世話になった岩波先生が、脳内のバランスの崩れをリセットできる、とても高度な技術を持っていたので、私にもそれを適用していただき、私の更年期障害は治りました

 

自律神経失調症も治りました、その相乗効果で、更年期障害から脱することができたのかもしれませんね。

 

先生が技術をもっていて、更年期障害にもとても効果があるものだったので、助かりました。

 

岩波先生は更年期障害に効果をあげようとして、その技術を開発したわけではないそうです。

 

脳にダイレクトにプラス暗示を入れたり、無意識の底をクリーンにするための技術を熱心に研究開発してく上で、ぴったりと更年期障害にも適用できたそうです。

 

お薬にもよくありますよね。ある症状を治すための薬を開発していたのが、まったく別の症状の特効薬になったなんてことは。

 

偉大な発明ってそんなものかもしれませんね。

 

 

なぜ私の更年期障害が治ったのか、のちのち考えてみると、色々なことがわかってきました。

 

その時は、更年期障害が治った事実だけを喜び、すごく楽に生きられるようになった事実だけを楽しみ、幸せに感じていただけでした。

 

でも、更年期障害が悪化するのも、良くなるのもちゃんと理由があったはずです。

 

なんで私の更年期障害自律神経失調症が良くなったのだろう?

 

ふと考察が始まりました。

 

岩波先生の脳覚醒技術と言われる脳内の一番原始的な層に直接訴えられる神業的な技術がもたらしてくれたのは確かです。(岩波先生が更年期障害、更年期うつについて記事を掲載してくれています)

 

でも、なんであんなに短期間で効果が上がったんだろうと思った時、私はパソコンに向かい始めました。

 

それで私なりに「あ、こういうことだったんだ」という納得がいきました。 

 

先生の脳覚醒技術は多くの方が感想で書いているように、ものすごいインパクトと強烈な実感が伴います。

 

その強烈な(といってもすごい心地よさです)感覚を脳が味わっている時、脳内では様々な神経伝達物質が分泌されているようです。セロトニンドーパミン、ベータ・エンドルフィン、アドレナリンなどなど・・・・

 

私には全くの専門外ですが、脳内ホルモンが私の脳内ですごいことになっていることは、実感として体感しています。

 

うつ病だった夫もそれで、うつ病が嘘のように晴れたことですし、疑いようがありません。

 

でも素人の私がいくら書いても信用がないと思います。

 

そこで、岩波先生のプログラム経験者には多くのお医者さんがいまして、その方々がブログで発表しています。こちらを参考にしてください。

blog.livedoor.jp

blackjack7777.blog102.fc2.com

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 また脳内ホルモン、神経伝達物質(厳密には違うものだそうです)について、ブログを書いている方もいます。

braindrug.jugem.jp

更年期障害に全く関係ないことではなく、脳内の状態がどうあるべきか、どんな状態が症状を悪化させるのか、すごく密接なんです。参考にしてください。

 

 

さてさて、岩波先生に誘導された脳覚醒状態は日常の意識とは隔絶された状態になります。

 

と言われても、頭がポカーンでしょう。私も夫から話を聞いても、信じられなかったですから。

 

でも、その状態に簡単に持っていけるすごい人なんです、岩波先生って。

 

お医者さんも多く通っているのもよくわかります(同じプログラムでご一緒したお医者さんに更年期障害についてたくさん教えてもらいまして、感謝しています。この場を借りてお礼いたします)

そんな脳覚醒状態になると、上のお医者様のブログにも書かれてあるように、脳が一回リセットされて、あらゆる脳を支配してきたストレスやプレッシャーから解放されます。

 

私も脳がリセットされた感覚はよくわかります。

 

すべての心配事や雑事から解放された状態になりました。

 

楽で楽でこんな楽なことってあるのかなっていうぐらいで、逆にそれまでの私の最悪な心理状態、更年期障害の苦しみとのギャップで、自然と涙が溢れ出しました

 

つらかった、苦しかった、死にたかった、何をやっても出口が見えない恐怖、なんにもないのに襲ってくる不安感、孤独感、こういった苦しかった精神状態が、どんどん涙と一緒に抜け落ちていってくれました。

 

岩波先生の技術は、悪循環をリセットできるるだけではなくて、脳内ホルモンを自在に操れるといいますか。

 

脳覚醒状態といわれるものが、脳内ホルモンをたくさん放出してくれるのかわかりませんが、更年期障害ですっかり乱れたホルモンバランスも自律神経も完全に整えてくれたのでした。

 

追いつめられた心と脳を、一回リセットできて、さらに脳をいい脳内ホルモンで満たしてくれる技術が、私の症状にすごく合っていたんだと思います。

 

 

更年期障害に関する過去の記事です。

daniclean.hatenadiary.jp

 

 

daniclean.hatenadiary.jp

 

 

daniclean.hatenadiary.jp

 

 

更年期障害と自律神経失調症克服のために こんな思考なら治る!

私の更年期障害の症状と回復方法

私の更年期障害の症状と自律神経失調症は、ストレスによって引き起こされました。

それはもう大変でした。

 

夫のことや仕事や家庭のことでも精一杯なのに、更年期障害がひどくなったのです。

身体の症状の苦しさだけでなく、抑うつとイライラが大変でした。

 

おそらく交感神経が暴走した時にイライラやヒステリーになり、副交感神経が必要以上に優位になってしまうと、何もやる気が起きない倦怠感や憂鬱感になっていたのだと思います。

 

更年期障害が悪化し続けるに連れて、私は常に身体と心のコンディションをチェックしました。

 

これがじつはやってはいけないことだったんですね!

 

いちいち身体の細かいところの異変にばかり執着すると、ますます自律神経のバランスが崩壊するそうです。

 

健康な人は、昔の私もそうだったので良くわかりますが、いちいち身体の好不調に意識を向けたり、気に病んだりしません。

 

心が健全な時は、ちょっと身体の調子が悪くても、執着はしないし、なにか別のことをやっていたら、そのことなんて忘れています。

 

でも、そんな私が更年期障害になって、耳鳴りやほてり、のぼせ、息苦しさ、動悸、頭痛、異様な体のこり、蟻走感(アリが体を歩いているような感覚)といった身体的症状に、すごく病的に反応するようになってしまいました。

 

一つ一つの症状に私が意識し執着し、意識から外すことができなくなって、諸症状が悪化していったと思います。

 

常に身体の事細かなコンディションをチェックしてしまうんですね。

 

当然不快なものなので、チェックしてもいいことなんかありません。

 

健康的な時は、まったくしなかったことに病的に意識するようになってしまいました。

 

更なる更年期障害悪化の不安と恐怖で私は支配されていたと思います。

 

私の経験から、いちいち更年期障害の症状に付き合っていてはいけません!

 

どんどん悪化してしまうだけです!

 

そのためには受け入れること、覚悟を持つことです。

 

勝手になっていろ! この不調の中でも生きていくぞ!

 

こんな思考になれたら、驚くほどに症状は収縮してきますよ。

 

こんな思考になることはなかなか難しいことですが、不可能なことではありません。

 

ずっと不調と苦しみが続くぐらいならば、そんな思考にならないほうがもったいないことです。

 

更年期障害は受け入れがたいことですが、もし受け入れず気に病んでコンディションチェックばかりしていると、もっと受け入れがたい悪魔の更年期障害へ成長してしまうんです。

 

症状があるからチェックしてしまうのは当たり前です。

 

なくなってほしいからチェックします。

 

でも、それをし続けてしまうと必ず悪化します。

 

とくに精神面が病んできます。

 

そうなるとどんどん自律神経のバランスも悪くなり、もっと更年期障害がひどくなります。

 

この悪連鎖を断ち切るには、メンタルの抜本的改革が必要になりました。

 

この受け入れがたい更年期障害の症状を、覚悟を持って受け入れて、いちいち症状に付き合ったりしないことです。

 

勝手に起きていなさい、私は症状があってもやるべきことはやるだけ

 

こういう思考が大事だと悟らされました。

 

夫がうつ病でとてもお世話になり、ついに克服に至らしめてくださった岩波先生の思考です。

 

私も更年期障害自律神経失調症で、夫の次に、岩波先生の心理脳内プログラムのお世話になることになりました。

 

私も受けてよかったと思っていますが、まず気づかされたのは、更年期障害を悪化させてしまうメンタル面を私が持っているということでした。

 

楽天的だと思っていた私でも、ひとたび体と心の不調に見舞われると、小さい細かいところばっかり気に病んでしまって、悪化せて続けてしまっていたのです。

 

更年期障害から抜け出すためにやっていたことが、症状悪化につながっていたなんて思いもよりませんでした。

 

だけど、一度更年期障害を受け入れる覚悟を持ってしまえば、これ以上悪化することはないと思います。

 

そこから急速にすべてが好転していきます!

 

うろたえる心の状態こそが、更年期障害を悪魔に変えてしまう要因でした。

 

もちろんホルモンバランスの改善などやるべきことはありますが、更年期障害に向き合うときの私達のメンタル面が問われていると思います。

 

それさえ確立したら、いまの苦しい連鎖が、嘘のようにほぐれてきますよ。

 

 

 

 

私の更年期障害体験の記述です。 

daniclean.hatenadiary.jp

 

 

daniclean.hatenadiary.jp

 

更年期障害を悪化させる最大の原因

私の更年期障害の症状と回復方法

更年期障害になりかけから、なってから悪化していくまで、この時期は私にとって人生最悪でした。

夫のうつ病発症が引き金で、将来への不安をそれまで楽天的に考えていた私でも、ストレスが強くなり、将来への不安(お金、生活、うつ病治療)のプレッシャーに晒され続けました

運悪く、更年期障害も発症し始め、そんな時ですから、自律神経のバランスがひどく崩れました。

交感神経がつねに戦闘態勢、暴走体制に入ってしまい、自律神経の名の通り、どんなに体に言い聞かせても、動悸が静まることはありませんでした。

どうにもならない環境、どうにもならないうつ病の夫、娘のこと、私の体の不調のことで、更年期障害が悪くならないわけがありません

更年期障害が悪化してしまうのも、女性の場合、特に家族の問題が大きいそうです。

心のストレスやプレッシャーや抑圧は、自律神経の働きを歪めてしまいます。

そこで心身症自律神経失調症の症状が出てきてしまいます。

そうなると、体の不調プラス心の不調になってしまって、心の不調が体の不調につながって、お互い連鎖するように悪化し続けていきます

心と体が一番休まる家庭がストレス要因が満載ですと、更年期障害自律神経失調症心身症もすべて悪化し続けていくんですね。

普段生きている環境って重要ですね。

ストレスがある環境だと、心も体も常に戦闘態勢に入ってしまうため、交感神経だけが活発になります。

副交感神経とのバランスが合ってはじめて自律神経は正常に作動するので、どちらか一方の働きが強まると、心身ともに不調になるのは避けられないですよね。

でも、昔なんにもとらわれていなかったのに、更年期障害の症状を意識し続けるって、苦しいし息がつまります

いつ終わるかわからないし、いつ環境が良くなるかもわかりません。

出口が見えないトンネルをさまよい歩いている感じでした。


更年期障害が強く出てしまう人は、自律神経失調症をまず疑ってみるといいと思います。

そして自律神経の働きを歪ませるストレス要因がどこにあるかも見つけてみることが大事だと思います。

人間関係の悩み、家族の問題、将来への不安、「女性」が終わっていくことへの不安、更年期障害による体の不調そのもの、などがストレス要因の主たるものだと思います。

一つ一つを解決していくか、もしくはストレスを受け流せたり、ストレスにタフになる人間になるしか、突破口はないと思います。

なぜかというとホルモン治療をして、体の不調は幾分和らいだとしても、心の不調までは良くならないからです。

一時的にホッとすることで、精神不安定が収まったりしますが、私も場合、すぐに将来や現在の苦しい状況を考えてしまい、精神が不安定になって、何もやる気が起きなくなったり、すごくイライラしたりしました。

ストレスとどう向き合うか、ここに失敗しますと、更年期障害をずっと引きずり続けることになるかもしれません。

 

私の更年期障害の症状と治療体験記 治るまでの日記

私の更年期障害の症状と回復方法

うつ病の夫の話をしてきたので、ここからは私の更年期障害の苦しみと治療と回復について書いていきたいと思います。

とはいっても、実は私の更年期障害と夫のうつ病は密接な関係がありました。

更年期障害そのものは、私は発症した時期が人様より早いとはいえ、誰にでもなる可能性がある症状です。

でも、私が更年期障害で一番苦しんだ時期は、夫のうつ病とほぼリンクしています。

もともと更年期障害って、卵巣機能低下によるエストロゲンの不足によって起こるそうですね。

そこまでは肉体的な病気と言っていいんですが、問題はその先です。

精神状態がダイレクトに反映されてしまうのが、更年期障害が重くなる理由です。

私はもともと楽観的な方で、ちょっと天然なところもあり、夫の誠実できちんとした大人の姿に惚れて結婚しました(笑)。

私は更年期障害が重くなるようなタイプではなかったみたいですが、運が悪いことに、うつ病になった夫と将来の経済状態のこと、子育てや私自身が仕事をしなくてはいけなくなったストレスが重なって、更年期障害がかなり重くなってしまったんですね。

更年期障害といえば、ホットフラッシュと言われるのぼり、ほてりが一番多いかもしれませんが、私の場合はまさに自律神経失調症の症状そのものでした。

更年期障害のつらさに加えて、夫のこと、家のこと、仕事のこと、経済状態のこと、これらすべてのストレスとプレッシャーが私に襲いかかりました。

だから自律神経のバランスもかなり乱れました。

動悸が激しくなり、常に心臓の音を意識しなくてはいけなかったり、急激な息切れを起こしたり、耳鳴りや頻脈、決して消えてくれな疲労感、不眠の症状もありました。

その更年期障害の苦しさそのものもすごくストレスになってしまい、相変わらずうつ病が治らない夫のことや、いよいよ危なくなってきた将来の経済状態への不安、娘のワガママで、どんどん悪化していきました。

この時期が最も人生で辛く厳しかったです。

更年期障害って、結局女性にかぎらず、男性もそうだと思うんですが、精神状態が重症、軽症を左右するんだと思います。

理解のない旦那がいる家庭の主婦は、つらい更年期障害をむかえるといいます。

なんか夫婦関係の良し悪しとリンクしているみたいですね。

私の場合、うつ病というどうしようもない状況だったため、理解のない夫というレベルを超えていました(これは夫の責任は全くありません、運が悪かったんです)。

だから、余計悪化してしまったんだと思います。

の不調を常に意識しなくてはいけない体験も、人生で初めてでした。

イライラするし、逆にエネルギー切れのように憂鬱な日が続いたり、私も夫のうつ病の症状に似たようなところがありました。

当然、産婦人科に通いました。

他にも漢方をずっと服用したり、宣伝に乗せられてはサプリメントをあれこれ試したりしていましたが、一向に良くなる気配がありません。

やっぱりストレス要因がいっぱいいっぱいのところで私は生活せざるを得なかっため、ホルモン療法、プラセンタ注射、漢方薬治療どれもうまくいかなかったです。

最初はうまくいっていましたが、やはりストレスのほうが強かったのでしょうか、やってもやっても効果が上がらなくなっていったのです。

この結果に私は落ち込みました。

夫のうつ病だけじゃなく、私の更年期障害も難治化している現実は受け入れがたいものでした。

それでも一家を支えなければならない責任感を負っていた私は、更年期障害に負けずに仕事や家事をしていました。

娘も私がきつい状態なのを見ると、ワガママをあまり言わなくなり、積極的に手伝ってくれるようになりました。

この時はほんとうに嬉しかったし、娘を産んで良かったと心から思いました。

娘なりに、両親がうつ病に重い更年期障害という最悪な状況にあったのを、心痛めていたそうです。

気が張り詰めていたから、なんときつい状態のまま、生活を回すことができていたと思いますが、もし心が折れていたら、私もうつ病になっていたかもしれません。

更年期障害うつ病に完全になってしまう人も多いようです。

抑うつ状態(落ち込み、憂鬱感)は、更年期障害の人によく出る症状ですが、夫が家族のために必死で耐えていた姿や、娘のことを思うと、私はその段階で踏みとどまれたことは幸いでした。

もし更年期障害で重く苦しい状態がずっと続いている人がいましたら、ご自分の精神状態、ストレス環境、そしてもともとの性格(マイナス思考や悲観的な考え、割り切りができないなど)を整理した方がいいかもしれません。

これは体の不調もありますが、もっと根っこは精神面のコンディションです。

自律神経のバランスが崩れるのも、ストレスや心の抑圧が原因です。

そこに私は気づいてはじめて、更年期障害へ有効な対策を取ることができるようになりました。

またこのことについては書いていきたいと思います。

うつ病が一生治らない理由 治る理由と方法 抑圧ってすごい

夫のうつ病が治ったきっかけと体験談

夫の(家族の)うつ病はやっぱり妻の私が治すのではなく、本人が治さなくてはいけないのですから、私としては岩波先生に任せきりにするしかなかったです。

あとはうつ病というやる気が湧かない状態で、いかにうつ病克服ライフに前向きに夫が取り組むかにかかっていました。

岩波先生の心理面(脳内面)からの神業技術には、私もこれは間違いないと確信をもてていましたが、やっぱり本人(夫)の姿勢でした、鍵は。

どんなに「奇跡的技術」でも、受ける本人がどう感じるかですから。

そこは本当に心配でした。

それに先生の開いている心理脳内プログラムというものは、主体的意志がない人は予約を断られると聞いていたので、そもそも予約をとれるかも心配で。

幸い夫もそのプログラムでうつ病が治った人の体験記を何個か読み、自分の体験と照らしあわせて、受ける意志を固めたようで、助かりました。

こういうところは、ほんと妻はどうすることもできない問題ですし、無理に通わせると予約を断られるし、夫ももしかしたら反発していたかも知れないし。

こんなことは杞憂でしたが、本物のトラウマ処理技術に出会え、やっと夫の顔に昔のような希望の灯火が射したような気がしました。

まあうつ病のことですし、あんまりに夫が抱えてきたストレス源やうつ病の原因が莫大なものだったので、最初のトラウマ処理には手間取ったようでした。

ただしある時、トランス状態の質が変わったそうです。

はじめて、体験した人の多くが仰る「すごい感覚」を夫自身も味わうことができ、この時『治る!』と直感できたそうです。

まあ当時は私に言いませんでしたが、うつ病が治ってから打ち明けてくれました。

ちなみに私も岩波先生の『奇跡的技術』を受けましたが、自分自身にそれほど悩みはないと思っていた人間でも、たくさん抱えてあるものがあるんだなと気付かされました。

私もかなり抑圧を心に溜め込んでいたようです。

更年期障害がひどくなるのも、心にストレスをためやすい人がなると本で読んだことがあります。

私は心の悩みとは無縁だと思っていたのに、しっかり抑圧があったんだなと思い知りました。

更年期障害が人以上に辛かったのも、それが理由でした(抑圧処理をしてからは楽になっていったことからもそう言えると思います)

日々、自分に溜め込んだ抑圧に私達は強い影響を受けていて、逃れられないんだと悟りました。

私自身もそこに気づいてからは、強くなれました。

ひどく体が固まっていたのは、夫や将来の心配事からしょうがなかったのですが、私自身、クラシックバレエをやっていたので、ストレッチを念入りにするようにしてからは、体も昔を思い出したのか、柔らかくなってくれました。

トランス状態の時の高揚感とみなぎるモチベーションは私にとって初めての感覚で、夫が『治る!』と感じたことはそういうところかもしれません。

夫がトランス状態の質が向上してからは、私の目から見て、それこそ劇的と言っていいくらい通うたびに楽になっていったようです(もちろん三歩進んで二歩下がることの繰り返しで)

うつ病は抑圧がたくさん開放されない限り、落ち込みは一生続くものなんだと思います。

心の劇的な処理をしない限り、明日も一年後も十年後もうつが晴れることなんてありえないんだと思います。


それは私自身心の処理をすることで、生きていて嬉しい感覚を味わえることになったことからも、身にしみて感じます。

私がプログラムを受けたのは、更年期障害とそれに付随する自律神経失調症を何とかしたかったからです。

自分で交感神経と副交感神経がひどく狂っているなという自覚がありました。

もともと悩まないタイプだった私でも、夫のうつ病と将来への不安はすごくストレスだったので、自律神経のバランスが崩れるのも無理からぬ事だと思います。

それでも頑張ろうとしていた私は、抑圧を貯め続けていたようです(あんまり自覚はなかったですが)。

そうなると、更年期障害が悪化していったのもよくわかります。

もし抑圧を無視して、それでも頑張っていたら、ついに限界を超えて、私も完全にうつ病になっていたのかもしれません。

ただでさえ落ち込む要素はたくさんあったのですから。

心の抑圧は毒となってしまいます。

うまく抑圧解放させることが、一番脳に休息を与えることになります。

脳も心も体も、やっぱり休息することも必要ですよね。

うつ病夫の体を緩めましょう

夫のうつ病が治ったきっかけと体験談

岩波先生のプログラムで特にやらなければ! と思ったことが、体を緩めることです。

なんで精神的な悩みなのに体を緩めなくちゃいけないんだと思った方は、心の悩みが体を硬直させ、だからこそ柔軟に考えられなくなってますます自分を追い詰めるメカニズムを知っておきましょう。

とくにうつ病は起きている間中、常に体に負担がかかっています。

もういっぱいいっぱいで心も体も悲鳴を上げているぐらい固まりすぎている人が、前向きに考えて行動しようなんて不可能です。

うつ病患者に頑張れと言ってはいけないという格言がありますが、限界を超えている人はもすでに頑張っているのだから、いったら死ねというようなものです。

と入っても私もそれを全く知らず、頑張ればなんでもできるようなことを夫によく言ってしまっていました

とても反省しています・・・

でも頑張れと言っていい人がいます。

それは体がほぐれてきた人です。

そういう人は頑張れるだけの体の伸びがあります。

だから、がんばれ!と心から応援する言葉を掛けるためにも、鬱病の人の体をほぐしてあげましょう。

岩波先生の心理脳内プログラムでは、炭で背中や頭や首の後を暖める方法を教えてもらいました。

遠赤外線の力で距離をある程度話して炭で炙ると、キリキリしていた夫でもすごく柔和な顔になってくれます。

その時のホット感がぎりぎりに追い込まえれていた心と脳に余裕を与えてくれます。

その時夫はとても気分が良くなり、聞き分けも良くなります。

ほんとうに心の余裕、体の緩みって必要ですね。

恒常的に体がほぐれてきますと、岩波先生のプログラムでは深くトランス状態に入り鬱病処理が根本的に可能になり、大きな効果が上がるようになりますし、日常生活においては心に余裕を与えて、体もきつくないためうつに引っ張られなくなります。

いいことばかりですね。


私についてもそう思います。

うつ病夫のこと、家計のこと、将来のこと、自分の更年期障害のこと、たくさんの難問で精一杯だった時、私は体を緩めることをしていませんでした。

そうすると、ますます更年期障害がひどくなり、精神的にもひどく参ったり、イライラしたりしていました。

体が受け流せなかったんでしょうね。

でも、ある時、ストレッチや呼吸法をしっかりやり込むようになってから、次第に心に落ち着きが出てきましたし、症状も幾分和らいでいきました。

体の硬さって、心の安定感と連動しているんですね。

Dream Art Laboratoryの心理脳内プログラムについて

夫のうつ病が治ったきっかけと体験談

岩波先生主催のDream Art Laboratoryが行っているプログラムについて書いていきたいです。

今は夫も卒業していますが、岩波先生の心理脳内プログラムはちょっと迫力があり、最初ビックリしてしまいます!!!

もうびっくりびっくり、信じられないことの連続です。

多くの人が疑うように・・・サクラを雇っているんじゃないかというくらい、岩波先生の施術で信じられない暗示にかかってしまいます。

常識を持ちすぎていると、あまりに飛んだ世界ですので理解不能に陥ることでしょう。

でもサクラじゃない、やらせでもなく、誰でも暗示にかかるということが私でもわかってきました。

まず体感すれば一発でわかると思いますし、最初はインパクトで『何だったの?』という驚きだけですが、次第に心地よさと一番本能に近い感情の部分が刺激された感覚に変わっていきます。

セロトニン、エンドルフィン、ドーパミンが脳内を駆け巡っている感覚です(とにかく心地よすぎるのです)

これで頭がスッキリと冴えて(夫は最初は頭がそれでも重いといってましたが、回数を重ねトランス状態に入った時にすっきり感が出てくるようになりました)生きる希望とかへこたれない心情になれたり、魔法にかかったようでした。

でもこれって私が実感をしたからであって、部外者が端から見たならやっぱり信じられないことでしょうね。

嘘っぱち? まがいもの? 詐欺? サクラ? 演技? と疑り深い人は思うぐらい圧巻の現場でした。

私だってこういう感想を一瞬でも感じなかったといえば嘘になります。

とにかくとにかく、私のブログや体験者様の体験記にかかれてあることは真実なので安心してください。

人間の脳みそってすごいな、こんなになるんだな、だから鬱病も心の悩み克服もプラス暗示入れ込みもすべて可能になるんだな、逆にここまでの威力がなければ、心の悩みは解決しないんだなと思います。

通ってきている人はインテリや高学歴やすごい肩書の方が多いです。

女性も多いです。

いわゆるエリート層で社会生活をしている人が多く通ってきていますよ。

それでも心の悩み解決は独力では難しいということなのですが・・・夫も悪化させただけでしたし。

遠くから通ってきても通うだけの価値以上のものがあります。

日本から通ってきている人は幸せです。

海外から来る人もいますので。

とにかく信じられないことがたくさん起きる、それが岩波先生の心理脳内プログラムですね。

もちろん驚きとか信じられないことばかりではなく、その効果はとても高いですよ。

多くの参加者の人が改善していますから。


夫のうつ病克服が一段落してから、私も自律神経失調症(おそらく夫のうつ病や仕事や家事のストレス、そして更年期障害の影響が強い)で苦しんでいたので、受けることにしました。

岩波先生の技術の凄さ(でも、見た目はびっくりでしたが)を目の当たりにして、私も受けてみたいと思ったからです。

そりゃ、あれだけの効果を体験して、受けないほうがもったいないです。

長年苦しんでいた更年期障害の症状がスッキリと消えたので、改めてすごいと思いましたが、それは後々体験記を書いていきたいと思っています。

うつ病夫の克服過程 うつ病を乗り越え家族に平和が訪れて・・・

夫のうつ病が治ったきっかけと体験談

岩波先生の心理脳内プログラムの中にある『神経症克服プログラム』に参加し、うつ病の夫の症状も改善に向かいました。

ただし効果が出ない時もあり、劇的に効果が出ても一時的でまたうつ状態に戻ったり、しばらく効果が続いても、仕事のストレスでまた体を固くして心も落ち込んでしまったり、その繰り返しでした。

それでも鬱病の症状に振り回されることが一番鬱病克服でやってはいけないことといい聞かせ、私も夫も黙々と愚直に過ごしていました。

岩波先生に言われたことをやるだけ、あとはいくら落ち込みが襲ってきても、逆にコンディションが整っても、いちいち振り回されないように夫は気をつけていたと思います。

ある時期から、心の抑圧が外れて心の重荷がとれてきたのか、うつ病に至るルーツが破壊されたのか、夫のコンディションが徐々に上がっていきました。

私は特に今までの三寒四温状態の経験から、特に喜んではいませんでしたが、数日たってあきらかに夫の顔に生気が戻ってきたのに気付きました。

悪霊に取り憑かれていたようなうつ病夫の表情が、昔恋人同士で幸せだった頃に近い、柔和なそれになっていたことに気付きました。

イライラしたり荒れたり落ち込んだり、とにかくマイナスの黒い感情に取り憑かれていた夫の顔はどこにもなかったのです。

それでも良くなったり悪くなったりして鬱病は良くなっていくということだったので、まあ様子見という感じで守っていました。

そこから一週間ほど経た日曜日の夜(夫が一番憂鬱になる時間)、夫が「もうあんまり落ち込むことはないかも」と言いました。

なんでも自分の中にちょっとした自信が芽生えたそうです。

いつもはうつ状態、不安感、イライラ、焦りにすぐに呑み込まれていた夫が、珍しくプラスの言葉を発してくれました。

自信、そのときはまだ小さな自信でしたが、これをきっかけに夫のコンディションも大きな落ち込むもなく上がっていきました。

夫の中で今までと違う風を感じたのでしょう。

鬱病克服に大きな助けになったことは、うつ病になる人生の流れの整理を岩波先生の脳内訴求技術といわれるトランス状態に導く状態でやり、抑圧をなくしていったからだそうです
(のちに私もこの技術を受けることになり、苦しめられていた更年期障害自律神経失調症が治りました)。

心の大きな重荷を取り除くことで、何をやっても手が届かなかった鬱病原因を破壊できたからです。

岩波先生の技術で、訓練が進むと、セロトニンだかエンドルフィンだかを放出させることができるため、しかも自力での放出だから、抗うつ薬と違って副作用がありません

私の更年期障害も、やはりホルモンバランスの乱れや自律神経のバランスが崩れてしまっていたため、岩波先生の技術はとても有効だと、のちのちわかることになります。

深いトランス状態に入った時、それはもうすごい心地よさを突き抜けた感覚に浸ることができます。

セロトニン、エンドルフィン、ドーパミンという脳内ホルモンが分泌されているのは私の体験でも間違いありません。

これが脳に何よりの休養を与えることができたと、夫は言っていました。



夫は夫で多くのストレスとプレッシャーを小さい頃から感じて生きていました。

そして融通の効かない、割り切りができない、そして楽しむことに罪悪感を感じ、ちょっとした失敗でも人生の終わりにまで感じてしまう人になってしまったのです。

夫の責任ではなく、多くの外部要因がそうさせたのですが、うつ病になるにはなるだけの理由があります。

内面のうつ病要因を取り除くには、人間の最も強力で最も根本にある無意識からうつ病の種をとらないといけません

それが可能なのが岩波先生の技術でしたし、私たち夫婦の最大の危機を乗り越えさせてくれて感謝の言葉もありません。

抑圧がとれてからの夫は、自分に肯定感を持てるようになっていきました。

うつ病で失った多くのことを、これから取り戻していきたいという積極性も芽生えています。

私も体調が良くなり、夫ともに『雨降って地固まる』状態になったと思います。

でも、雨が振りすぎて、泥沼になってしまった時は、どうなることかと思いました。

夫のうつ病解決体験記 うつ病は一進一退を繰り返しながら克服に向かいます

夫のうつ病が治ったきっかけと体験談 私の更年期障害の症状と回復方法

夫のうつ病は、一進一退(人によっては三寒四温なんて書いてます)を繰り返しながら、改善へと向かっていきました。

だから、今日は調子がいいなと言っている時、一緒に喜んでいると、翌日「だるい、気分が悪い、調子がよくない」となり、ガッカリなんてことがよくありました・・・。

うつ病という悪魔に振り回されないことが重要ですね。特に改善した後悪化するとショックも大きいですからね。

だからうつ病はそうやって回復していくんだということを肝に銘じました。

夫よりも私の方が(そりゃそうですが・・・)最初に肝が座ったと思います。

良くなっても悪化しても騒ぐことじゃないと。

私も更年期障害が酷かったですが、やはり一進一退でした。

いい時もあれば悪い時もある、うつ病も一緒だと思いました。

夫も私の様子に感化されて(?)いちいち、日々の症状にうろたえることはなくなりました。

うーん、やっぱり家族の態度って、うつ病本人にも影響が強く出るんですね、良くも悪くも・・・

だから、家族や妻の接し方って重要なんだな、って改めて思っちゃいましたね。

夫も、岩波先生主催の心理・脳内プログラムを受けていた時、悪化しても【今までが今までだったからしょうがない、騒ぐことじゃない。不安が襲ってきても抗わず客観的に鬱の悪魔を見ながら、消えるまで待つ】訓練をしていたようです。

岩波先生のアドバイスだったそうですが、夫がうつ病に振り回されなくなっている証拠だったので、あやつも肝が座ってきたな〜と感動を覚えました。

私たち夫婦の心が強くなる前、二人してあたふたして、私までもうつ状態になっていたことに比べたら、すっごい進化でした。

こうやって一つずつ階段を上っていけば、必ずうつ病は解決するんだな、とはじめて思えた時でした。

でも、私の問題より旦那本人の問題だから、気をもんだりもしましたが。

慌てず、騒がず、追いつめず、それを私は実践していきました。

今度は私も夫に感化され、私自身の重大な悩み更年期障害』に対する考え方も改めるきっかけになったのでした。

うつ病更年期障害も、症状に振り回され続けていたら、ますますストレスになって、もっとホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れて、もっと悪化し続けるんだと思います。

そこでつらい症状だけど、客観的に冷静に見られる胆力というか、強さが必要だと思いました。

きつくてもいい、悪化してもいい、でもうろたえてパニックになることだけはやってはいけない。

その時点で、うつ病にも、私自身の更年期障害にも負けたことになるから。

絶対負けてなるものか! 苦しませていろ、せいぜい! かってになってろ! 
そういう気持ちを、私たち夫婦はお互い刺激をし合いながら、高めることができたのだと思います。

夫のうつ病の症状が回復改善していったきっかけと日々の幸せ

夫のうつ病が治ったきっかけと体験談 夫のうつ病で生活が激変 うつ病夫婦体験談 私の更年期障害の症状と回復方法

現在、夫は仕事に本格復帰できています。

私は鬱病闘病中の夫の仕事を手伝いしながら、家事もやっていました。

うつ病の夫の世話、娘の世話、仕事、将来への心配事、私自身の更年期障害抑うつ状態もあり、とても苦しかったです。

夫も私の想像を絶する苦しみを味わい、私も行き場のない不安と心配とストレスでクタクタになっていました。しかも、思春期真っ盛りの娘の健康的な精神発育のためには、なるべく元気を装っていました。

夫婦一緒に落ち込んでいたら、娘に心配をかけてしまうし、メンタルヘルスによくないからです。

でも、娘にはどれだけ心が救われたかわかりません。

時には苛立ちから、娘のワガママに、あたってしまうことがあったけれど・・・

当時の家族全体の苦しみを思い浮かべますと、本当に今は天国にすら思えます。

日々日常の何気ないことにも幸せを感じることができます。

これは夫も同じで、太陽が燦々と照っていたり、小鳥がさえずっていたり、家庭菜園の収穫でも、幸せを感じるようになったといっています。

思えば、神様が私たち夫婦に幸せのハードルを下げさせてくれたんですよね。

試練はとても苦しかったけれど、我慢して耐えてそして家族でうつ病を乗り越えた今は、こうして家族が元気に暮らしていると言うだけで、なんて幸せなの・・・・!と噛みしめています。

それもこれも、すべて夫のうつ病が回復してくれたからです。

回復のきっかけは、無意識と脳の奥深くに強く訴えかける心理・脳内プログラムを受けたからでした。

無意識とか潜在意識などを扱う分野で、鬼才と呼ばれて評判がとても高い先生がいると私の妹から教えてもらったからです。

妹が遊びに来た時に一緒に心理・脳内コンサルタント/カウンセラーの岩波先生(と仰る方です)のプログラムを受けられた方々の体験記を読みました

読んだ体験記のリンクを書いておきます。
大うつ病からの回復と僕の生い立ち
ヤマダの鬱病克服日記
海外うつ病からの治療/回復

ここらへんのうつ病の克服体験をざっと読みました。

うつ病を克服した人たちなので絶賛しているのは当然でしたが、世の中にはこういう先生もいるんだなと希望が出てきました。

うつ病の気分変調の波に振り回されていて憔悴していた夫にも読ませることにしました。

夫も興味が出てきたらしく、また抗うつ薬の対症療法的なアプローチを続けていくことに疑問を持ち始めていた頃なので、無意識や脳の奥深くの問題に劇的な効果を与えていく岩波先生の手法に期待をかけることにしました。

それに海外からもお客さんが通うぐらいなので、相当実力があるし、誰もがその太鼓判を押していましたから、岩波先生のプログラムを受けることに私たちは決めました。

最初は私が岩波先生の研究所とコンタクトをとり、先生との電話は主人が直接しました。

今日は当時の体験記はここまでにしておきます。

私も岩波先生に何度もお会いして、プログラムを受けている人にとても慕っているのがよくわかりました。もちろん無意識を顕在化させる(表に引っ張り上げる)能力も非常に高かったですよ。

夫のうつ病が治ったのも岩波先生のおかげだけならまだしも、私の更年期障害自律神経失調症抑うつ状態やホルモンバランスの崩れ)が良くなったのも、先生がいなくてはずっと苦しんでいたことでしょう。

夫のうつ病が一進一退を繰り返しながら、回復していくまでの様子を妻の視点から書いていきたいですね。

うつ病による経済的・家計的な不安と将来の展望の暗さ

夫のうつ病で生活が激変 うつ病夫婦体験談 うつ病夫と金銭問題と将来への不安

今は夫婦で仕事を一緒にしていますが、以前は夫が商売を切り盛りしてやっていました。

もともと親が立ち上げた組織の二代目社長なのですが、夫がうつ病になってから、実質的に小さい組織なので、すぐに売り上げ、利益に響きはじめました。

夫がうつ病で動けなくなるとどうしようもなくなるのです。

会社組織としてしっかりされていたなら、夫一人が仕事量をセーブしたって、他の人がフォローしてくれますが、そうはいきませんでした。

何でも一人で背負い込むタイプの人でしたから、鬱症状がさらにうつ病へと発展してしまったと思います。

ストレスとプレッシャーは、限界を超すと、人の心をボロボロにしていきますね。

実は何でも一人でやる人間は、端から見て、パワーもありそうですし、仕事熱心という感じですが、実はストレスと重圧で「ヒイヒイ、ハアハア、ゼエゼエ」と喘いでいるのかもしれません。

私がもっと早くからそれを察ししていればよかったのですが、うつ病はいつガクッとくるのかわかりません。

まさか、あの元気があって仕事もバリバリこなしていた夫から、生気とエネルギーがなくなっていくなんて、思いもしませんでした!

そこで、私や娘、夫に重くのしかかってきたのが、売り上げ激減による家系的、経済的な損失と将来への不安です。

世の中やっぱりお金がなくなると立ちゆかなくなるのが現状です・・・

夫がうつ病で苦しんでいるのにお金の心配をするのは道理的にどうかと思いますが、正直言って、夫のうつ病克服とともにお金の問題が私を苦しめました。

このままではすべてが破綻してしまいます。

住宅ローンもたくさん残っています。

経営状態は夫がうつ病になる以前は順調だったです。義父の業績以上の利益を夫は上げていました。

でも、一度金銭的に落ち目になると、将来の不安がドッと押し寄せてきました。

娘の将来も考えなくちゃいけません。

うつ病による将来の不安って、一番大きな割合を占めるのが、経済と生活のことでしょう。つまりお金です。

貯金を切り崩しながら生活しなくちゃいけなかったですし、住宅ローンを払い続けなくちゃいけない不安は私の心を苦しめました。

夫にはそういう金銭的不安を考えさせないようにしたかったのですが、やっぱり夫が一番憂えていました。

そこで私が専業主婦から脱して、夫の仕事をサポートすることにしたのです。

一応、キャリアウーマンだった時期もありまして、ブランクがあって不安でしたが、私がここで働かなければすべてが終わってしまう恐怖がありました。

そして少しでも夫が将来への憂いをなくして、ストレスがなるべくフリーな状態になって欲しかったこともありました。

夫のうつ病が治ることがすべての将来の不安を解決することになるわけですが、その時にできた精一杯の対策でした。

そのころ夫のうつ病は最悪期を脱していたとは言っても、完全にうつ病改善の進行がストップしていました。

家族の一員として妻の私が立ち上がるしかなかったのです。

そして夫が抱えていた仕事や取引先との人間関係のストレスを私は思い知ることになりました。

ただでさえ更年期障害がきつかった時期なので、それが治った今の状態から見ると、よく私も頑張れたなと思いますが、当時はもうやるしか生きる道はなかったんです。

でも、想像以上にきついものです。

仕事を私がするようになり、夫が私達を支えるために必死で頑張っていたことを思い知ったのです。

うつ病の夫が自殺してしまうかもしれない不安と恐怖に怯えていました

夫のうつ病と自殺への不安 夫のうつ病で生活が激変 うつ病夫婦体験談

世の中の心と肉体にかかわらず病気というものは、「命の危険性がある/ない」に大きく分けられると思います。

うつ病は「命の危険性がある」病気でしょう。

落ち込みとストレスで命を縮める人はいても、死には直結しませんが、自殺する危険性でいうならば、命の危険性が大いにある症状です。

うつ病の夫に対して、私が一番恐れていたことは、自殺です。

おそらく同じ境遇の家族の方はみんな恐怖を持っていると思います。

特に当時専業主婦だった私は、ここであえて書きますが、収入的な不安もありました。

娘を抱えて一人で生きなければいけない不安を持っていました。

夫も私は娘を残して自殺はできないと必死で耐えてくれました。

本当に感謝しています。

もし夫が独り身の時だったら、命を絶っていたかもしれません。

本人もそう言っています。

時々夫は自殺願望がニョキッと顔を出していたそうです。

でも、私たち家族がいたからこそ、自殺に踏み切ることなく、今は元気に回復できたことを思えば、夫と私と生まれてきてくれた娘の出会いは運命だったと思います。

夫はその家族とは母親とは非常に密接でしたが、他の人間とは疎遠でした。

そこにうつ病になる遠因があると夫自身も自己分析していました。

ですから、私たちだけでなく、私から見れば義母の存在も大きかったと思います。

でも、夫がいくら自殺を自制していても、抗うつ薬の副作用で自殺衝動が増すことやうつ病回復期の自殺のリスクがありました。

回復していても、何をしていても、その記事を読んでから気が気でありませんでした。

家から戻った時、夫が首を吊っていたら? という想像までよくしていました。娘がそれを発見した時のトラウマまで考えてしまったり。

電車飛び込み自殺があったとニュースを聞くと、ドキッとしてしまったり、家の近くから救急車のサイレンが鳴ると「もしかして・・・」と思ったり。

ナイフや刃物、カッター類、ハサミ類はすべて夫の目が届かないところにおいていました。自殺者はそういう「きっかけで」自殺へ吸い込まれていく記事を読んだことがありましたから。

うつ病の最悪期は自殺をしないと言います。そこまで踏み出す気力すら湧かないからです。

「死にたい、死にたい」と思っているだけですが、うつ病に私が戦慄したのは、回復期においてこそ、自殺のリスクが高まる、そして抗うつ薬の副作用によって自殺リスクが飛躍的に高まるということです。

うつ病から元気になったからこそ、自殺してしまう恐怖は、鬱病の回復期においても、私の心を曇らせていました。素直に喜べない私がいました。

このころは私も様々な心労で、更年期障害が悪化し続け、気持ちもうつ気味でしたから、何でも悪い方向に想像してしまうのです。

本当に本当に「夫の死」が一番の心配事でした。そうしたら私には娘しかいません。今こう書いていても涙が出てきます。

自殺願望や衝動を夫が乗り越えてくれたこと、それを手助けしてくれた先生に感謝です。

うつ病の夫について 孤独な戦いと世間の偏見

夫のうつ病で生活が激変 うつ病夫婦体験談

夫と結婚した時、そのころはまだまだ夫はやる気に燃えていて、頼りがいのある人でした。

まさか後年うつ病で大変なことになるなんてつゆ知らず、、、

人生は一寸先は闇と言いますが、その闇がうつ病だったから、闇はどんどん深まっていくばかりでした。

このブログは夫も実は読んでいます。。。。夫もうつ病が回復している今、夫婦間のうつ病によるトラブルも笑って話せるぐらいですし、お互い隠し事をしないという約束をしていますので、たくさんのことを包み隠さず書いていきたいですね。

夫は父親から仕事を受け継ぎ、事業を行っていました。

でも、二代目であるが故に、様々な苦労もあったらしく、心身ともに悪くしてしまいます。

もともと融通がきかない頑固者で、努力家でもあったので、それが自分を追いつめてしまったのでしょう。

夫も「俺がうつ病になるのも性格がそうだったからだろうな」と自己分析しています。

夫がうつ病で伏せって身動きも取れない時期、いわば引きこもりのニート状態になっている間、私は夫はうつ病で寝ているしかできないと思っていました。

昔の努力して頑張っている姿を見ているからです。

だけど、それが長く続くと、さすがに「怠けている」という感想を持つ時もありました(その後すぐに思い直してうつ病だからしょうがないと切り替えていました)。

夫の努力をよく知っている私は、だから世間のうつ病は苦しみを装っているだけで逃避している、怠けている、根性がないからなるという偏見にはショックを受けました。

と同時に「そう思われるのもしょうがないのかな」と感じます。

親戚の叔父叔母も古いタイプの人間で、上から目線で気力と根性でうつ病は何とかなると、貴重な「アドバイス」をいいます。

もうそれ以来、私は決して夫とその人達を会わせないようにしました。

夫は彼らのありがたい提言(?)をどのような気持で聞いていたでしょうか?

その後ずっと壁に向かって固まった姿勢で身動きもせずジッと座っていました。

焦ったり、自己嫌悪に陥らないように、私は必死でフォローしましたが、なかなか彼の心に届かなかったのは、やるせなかったです。

うつ病は「聞く耳」すら持てなくなってしまうんですね。

でも、夫の苦しさは当時の私には理解不能なところがありました。

「お前が想像している苦しさより、はるかにやばいんだ」と夫はよく言いました。

それもそうでしょう。。。。落ち込む、憂鬱になると言うくらいなら誰だって経験があるし、その時のふさいだ気持を想像できます。

それすらはるかに超えているとなると、もう本人じゃない私にはわかりません。

大事な人の気持ちをわかってやれないことの悔しさがありました。

私だって更年期障害がひどくなり、辛くて苦しくて憂鬱な気持ち、イライラした気持ち、夫のうつ病のことで気が狂いそうでした。

だけど、またうつ病はレベルが違うとも言います。

ただし更年期障害からうつ病に完全になってしまう人もいるので、私も一歩間違えたら一線を越えていたかもしれません。

それぐらい苦しかったですから。

夫もイライラしてきて、急に怒りっぽくなります。

何でもない些細なことすら、私をしかりつけました

私も最初はうつ病だからと受け入れていましたが、生身の人間です。

つい反論してしまいます。

私も更年期障害のことやらストレスやらでいっぱいいっぱいでしたから、カチンと来てしまいます。

夫婦げんかの後、お互いに自己嫌悪に陥ります。

夫は、うつ病の状況に陥った自分という存在への罪の意識から。私は夫の心をわかってやれない後悔からです。

暗雲漂う波風荒い岩肌だらけの絶海の孤島で、将来の希望もなく、二人で取り残されていた気分でした。

娘は家庭の雰囲気が変わっていくことを敏感に察知しています。

娘の思春期における精神的発達に悪影響になることを、夫はしきりに心配していました。

でも、私がいくらフォローしても、悩むこと心配することを決してやめません。

やめないというか、やめられないのです。それがうつ病の怖さなんですね。

私も早くこの状況から脱出したかったですが、病院の抗うつ剤だけで果たして治るのかどうか心配でした。

根治していくために、何か方法を探し求めていました。

夫のうつ病は妻のうつ病! うつ病夫婦体験談

夫のうつ病で生活が激変 うつ病夫婦体験談

夫がうつ病と診断されてから、夫の今までやってきたことが、私の負担として襲いかかってきました.....

夫は個人事業主です。
ですのでうつ病になってからというもの、私も夫の仕事を手伝うことになりました。

夫は仕事を満足に行えなくなっているため(作業能率の低下、モチベーションの低下、複雑な作業ができないなど)、私が手伝うことで少しでも仕事のプレッシャーを減らそうと思いましたし、夫がその分休養することができたら、うつ病も改善していくだろうという期待からです。

でも、家事もやらなくちゃいけないし、一人娘の世話もしなくちゃいけません。時々夫の仕事の手伝いをしたりしていましたが、うつ病診断以来、しわ寄せが私に降りかかりました。
でも、夫には弱気を見せないように努力しました。

うつ病の人は、自分のせいで人が不幸になっていることを負担に感じ、ますます自己否定を強くしてしまうからです。
だから、仕事の量だけじゃなく、そういう夫への気遣いでもどっと疲れました。

しかも、夫はうつ病がなせる業なんでしょうか、、、私に時々ひどくあたることがありました。
私も最初は我慢していましたが、最後はかっとなってしまって、言い合い、時にはものの投げ合い、暴力沙汰まで発展したこともあります。

娘のことも将来のことも考えて、しかも夫のうつ病で、私までうつ病になりそうでした。
カウンセリングにかかったこともあります(夫にはもちろん内緒です)。
また病院に夫に着いていって、精神科の先生に夫がいない時に愚痴を言ったり、私までおかしくなりそうでした。

家族として一つ屋根の下で暮らし、運命共同体なので、夫のうつ病は、妻のうつ病自律神経失調症を引き寄せてしまうんですね(実際多くの方が、配偶者のうつ病をきっかけにうつ病を発症しているそうです。夫婦のうつ病というものですね)

私は自律神経のバランスが崩れました。
そしてまだまだ早いのに更年期障害にもなり、しかもかなりキツイ状態になりました。
更年期障害経由の抑うつ状態がずっと続きました。
イライラもあり、私も皮肉なことにうつ病気分障害を味わうことになったのです。

ここでいってしまいますが、夫のうつ病のせいで何度離婚しようとしたかわかりません
本当に愛想を尽かした時もあります。
うつ病の夫と離婚するということは、妻にとって、夫を捨てたといわれかねません。
うつ病は夫婦、家族まで巻き込むおぞましい心の病気なんですね。
心の風邪なんて生やさしいものじゃありません。

うつ病の夫が言っている理不尽な言動や八つ当たりは、すべてうつ病だからと我慢してきましたが、うつ病が回復してくると、そういうこともなくなってきました。
いま耐えている妻の人(うつ病の妻を持つ夫の人でも)も、うつ病前からそうだったのならともかく、多くの理不尽な接し方は、だいたいがうつ病あるが故だと思います。
本心から魂から発せられた言動じゃありません。

うつ病が回復するまで我慢です。でも、我慢しすぎると、夫婦でうつ病になってしまいます。
あきらめ時も肝心だと思いました。
夫婦でうつ病で落ち込んでいくと、お互いに足引っぱりでどこまでも沈んでいっちゃいます。
片方が元気なうちに解決できることをお祈りします。

私は更年期障害がきつくなったこともあり、しかもうつ病夫を支えないといけないし、その板挟みでかなり苦労しました
夫のうつ病の話をこうやって書いていますが、実は私の心の内面のの危機の話でもあります。

夫のうつ病で結婚生活が一変!

夫のうつ病、妻の私

はじめまして、うつ病に関係するブログを書いていきたいと思っています。

夫のうつ病は私たち夫婦の生活を一変させました。
それまでの幸せな結婚生活が灰色になってしまいました。
思いもかけない出来事に私はうろたえました。
特に私にうつ病の夫にしてあげられることは何かと言うことに悩みました。

そして将来への不安や、うつ病で被る収入減への心配、何より夫のうつ病は治るのかどうか、それによる様々なストレスで私までうつ病になりそうでした
(病院に行きました。しまいには私も自律神経失調症になり、ホルモンバランスも崩れ、更年期障害がひどくなりました。これはこれで地獄でした)

このブログは、家族として、妻としての立場から、夫のうつ病を書いていきます(私の更年期障害についても書いていきたいと思います)
よくうつ病に対して家族は、どのような接し方や対応を取ったらいいのか、例外なく皆様悩んでおりますね。
私も本当に戸惑いました。その経験についても書いていきたいです。

幸いなことに夫のうつ病がかなりよくなってきています。
あともうちょっとで昔の生活が戻れるかもしれません。
仕事について本格的に始動しはじめています。
いい報告を皆様にできることを願ってやみません。