更年期障害妻とうつ病夫の物語 うつ病・更年期障害克服ブログ

うつ病にかかってしまった夫。その妻(それにより更年期障害が悪化、自律神経失調症になる)から見たうつ病への接し方と回復解決方法についてのブログです。夫婦と家族を襲ったうつ病が発生させる悪夢の日々の描写や夫婦間のすれ違いと諍い、その一方で支え合いと愛情。悲喜こもごもの夫婦のうつ病ライフでした。うつ病解決までの道のりも書いています。そして私の更年期障害の悪化と苦しさと回復についても記述していきたいと思います。

私の更年期障害・自律神経失調症が治った理由考察 脳内ホルモンを出す方法

更年期うつが完治した理由と更年期障害がいつまでも治らない原因

更年期障害がひどい人は、そこに必ずメンタル面でのストレスや悩みがあると思います。

 

家族の無理解、仕事のプレッシャー、将来への不安、身体の不調などが積み重なると、更年期障害が、うつ病に陥らせてしまうほど牙を向いてくるのです。

 

ただでさえ、女性の更年期には卵巣機能低下によるエストロゲン不足で、体調が狂ってしまうのに、火に油を注いでしまうのが、メンタル面での問題です。

 

脳内神経伝達物質も狂いますし、いい神経伝達物質が抑制され、不安、イライラが増す伝達物質だけが出てしまうなんてことになったら、自律神経失調症になるのも無理はなかったのだと思います。

 

自律神経失調症になると、更年期障害の症状がひどく悪化するのも道理でした。

 

私が更年期障害に苦しんだのもちゃんとした原因と理由がありましたし、なるほど、苦しんで当たり前の脳内状態だったんだなと思います。

 

もし「なぜ私だけ、こんなきつい思いをしなくちゃいけないの!」と爆発しそうぐらい更年期障害で苦しみ続けている方は、悪化させてしまっている原因がかならずあると思います。

 

精神面の状態は、脳内のホルモンバランスも崩しますし、ただでさえエストロゲンの不足で心身に不調が来ていますので、影響を受けないわけがありません。

 

でも、残念なことに、お医者さんもあんまり精神面の問題についてノータッチだったりしますよね。

 

そちらの不調を訴えても、精神安定剤を出したり、必要ないのに抗うつ薬を安易に処方したり(夫がうつ病だったので、抗うつ薬の長所短所をよくわかっているつもりです)

 

症状に苦しんでいた時、そんなことも思いもよらず、目の前の体の絶不調、最悪の精神状態、うつ病の夫と私と娘の将来の不安だけに振り回されていました。

 

幸い、うつ病克服の件で夫もお世話になった岩波先生が、脳内のバランスの崩れをリセットできる、とても高度な技術を持っていたので、私にもそれを適用していただき、私の更年期障害は治りました

 

自律神経失調症も治りました、その相乗効果で、更年期障害から脱することができたのかもしれませんね。

 

先生が技術をもっていて、更年期障害にもとても効果があるものだったので、助かりました。

 

岩波先生は更年期障害に効果をあげようとして、その技術を開発したわけではないそうです。

 

脳にダイレクトにプラス暗示を入れたり、無意識の底をクリーンにするための技術を熱心に研究開発してく上で、ぴったりと更年期障害にも適用できたそうです。

 

お薬にもよくありますよね。ある症状を治すための薬を開発していたのが、まったく別の症状の特効薬になったなんてことは。

 

偉大な発明ってそんなものかもしれませんね。

 

 

なぜ私の更年期障害が治ったのか、のちのち考えてみると、色々なことがわかってきました。

 

その時は、更年期障害が治った事実だけを喜び、すごく楽に生きられるようになった事実だけを楽しみ、幸せに感じていただけでした。

 

でも、更年期障害が悪化するのも、良くなるのもちゃんと理由があったはずです。

 

なんで私の更年期障害自律神経失調症が良くなったのだろう?

 

ふと考察が始まりました。

 

岩波先生の脳覚醒技術と言われる脳内の一番原始的な層に直接訴えられる神業的な技術がもたらしてくれたのは確かです。(岩波先生が更年期障害、更年期うつについて記事を掲載してくれています)

 

でも、なんであんなに短期間で効果が上がったんだろうと思った時、私はパソコンに向かい始めました。

 

それで私なりに「あ、こういうことだったんだ」という納得がいきました。 

 

先生の脳覚醒技術は多くの方が感想で書いているように、ものすごいインパクトと強烈な実感が伴います。

 

その強烈な(といってもすごい心地よさです)感覚を脳が味わっている時、脳内では様々な神経伝達物質が分泌されているようです。セロトニンドーパミン、ベータ・エンドルフィン、アドレナリンなどなど・・・・

 

私には全くの専門外ですが、脳内ホルモンが私の脳内ですごいことになっていることは、実感として体感しています。

 

うつ病だった夫もそれで、うつ病が嘘のように晴れたことですし、疑いようがありません。

 

でも素人の私がいくら書いても信用がないと思います。

 

そこで、岩波先生のプログラム経験者には多くのお医者さんがいまして、その方々がブログで発表しています。こちらを参考にしてください。

sunshinering.golog.jp

blog.livedoor.jp

blackjack7777.blog102.fc2.com

brainsurgeon.hatenadiary.com

 

 また脳内ホルモン、神経伝達物質(厳密には違うものだそうです)について、ブログを書いている方もいます。

braindrug.jugem.jp

更年期障害に全く関係ないことではなく、脳内の状態がどうあるべきか、どんな状態が症状を悪化させるのか、すごく密接なんです。参考にしてください。

 

 

さてさて、岩波先生に誘導された脳覚醒状態は日常の意識とは隔絶された状態になります。

 

と言われても、頭がポカーンでしょう。私も夫から話を聞いても、信じられなかったですから。

 

でも、その状態に簡単に持っていけるすごい人なんです、岩波先生って。

 

あのスティーブ・ジョブズも先生の誘導技術を教えてくれた人がいたらしく、亡くなる前に興味を持ってコンタクトをとってきたそうです。

 

それぐらいですから、お医者さんも多く通っているのもよくわかります(同じプログラムでご一緒したお医者さんに更年期障害についてたくさん教えてもらいまして、感謝しています。この場を借りてお礼いたします)

そんな脳覚醒状態になると、上のお医者様のブログにも書かれてあるように、脳が一回リセットされて、あらゆる脳を支配してきたストレスやプレッシャーから解放されます。

 

私も脳がリセットされた感覚はよくわかります。

 

すべての心配事や雑事から解放された状態になりました。

 

楽で楽でこんな楽なことってあるのかなっていうぐらいで、逆にそれまでの私の最悪な心理状態、更年期障害の苦しみとのギャップで、自然と涙が溢れ出しました

 

つらかった、苦しかった、死にたかった、何をやっても出口が見えない恐怖、なんにもないのに襲ってくる不安感、孤独感、こういった苦しかった精神状態が、どんどん涙と一緒に抜け落ちていってくれました。

 

岩波先生の技術は、悪循環をリセットできるるだけではなくて、脳内ホルモンを自在に操れるといいますか。

 

脳覚醒状態といわれるものが、脳内ホルモンをたくさん放出してくれるのかわかりませんが、更年期障害ですっかり乱れたホルモンバランスも自律神経も完全に整えてくれたのでした。

 

追いつめられた心と脳を、一回リセットできて、さらに脳をいい脳内ホルモンで満たしてくれる技術が、私の症状にすごく合っていたんだと思います。

 

ミチコへのメールはこちらから
(遠慮なくどしどしメールをください。更年期障害、更年期うつ病うつ病の方の力になりたいです)

また私たち夫婦がお世話になったドリームアートラボラトリーのプログラム経験者の方がこちらで更年期障害やうつ病などの相談に乗っているようです。

 

 

更年期障害に関する過去の記事です。

daniclean.hatenadiary.jp

 

 

daniclean.hatenadiary.jp

 

 

daniclean.hatenadiary.jp

 

 

 

daniclean.hatenadiary.jp