更年期障害妻とうつ病夫の物語 うつ病・更年期障害克服ブログ

うつ病にかかってしまった夫。その妻(それにより更年期障害が悪化、自律神経失調症になる)から見たうつ病への接し方と回復解決方法についてのブログです。夫婦と家族を襲ったうつ病が発生させる悪夢の日々の描写や夫婦間のすれ違いと諍い、その一方で支え合いと愛情。悲喜こもごもの夫婦のうつ病ライフでした。うつ病解決までの道のりも書いています。そして私の更年期障害の悪化と苦しさと回復についても記述していきたいと思います。

うつ病による経済的・家計的な不安と将来の展望の暗さ

f:id:utubyouhuuhu:20161228013425j:plain今は夫婦で仕事を一緒にしていますが、以前は夫が商売を切り盛りしてやっていました。

もともと親が立ち上げた組織の二代目社長なのですが、夫がうつ病になってから、実質的に小さい組織なので、すぐに売り上げ、利益に響きはじめました。

夫がうつ病で動けなくなるとどうしようもなくなるのです。

会社組織としてしっかりされていたなら、夫一人が仕事量をセーブしたって、他の人がフォローしてくれますが、そうはいきませんでした。

何でも一人で背負い込むタイプの人でしたから、鬱症状がさらにうつ病へと発展してしまったと思います。

ストレスとプレッシャーは、限界を超すと、人の心をボロボロにしていきますね。

実は何でも一人でやる人間は、端から見て、パワーもありそうですし、仕事熱心という感じですが、実はストレスと重圧で「ヒイヒイ、ハアハア、ゼエゼエ」と喘いでいるのかもしれません。

私がもっと早くからそれを察ししていればよかったのですが、うつ病はいつガクッとくるのかわかりません。

まさか、あの元気があって仕事もバリバリこなしていた夫から、生気とエネルギーがなくなっていくなんて、思いもしませんでした!

そこで、私や娘、夫に重くのしかかってきたのが、売り上げ激減による家系的、経済的な損失と将来への不安です。

世の中やっぱりお金がなくなると立ちゆかなくなるのが現状です・・・

夫がうつ病で苦しんでいるのにお金の心配をするのは道理的にどうかと思いますが、正直言って、夫のうつ病克服とともにお金の問題が私を苦しめました。

このままではすべてが破綻してしまいます。

住宅ローンもたくさん残っています。

経営状態は夫がうつ病になる以前は順調だったです。義父の業績以上の利益を夫は上げていました。

でも、一度金銭的に落ち目になると、将来の不安がドッと押し寄せてきました。

娘の将来も考えなくちゃいけません。

うつ病による将来の不安って、一番大きな割合を占めるのが、経済と生活のことでしょう。つまりお金です。

貯金を切り崩しながら生活しなくちゃいけなかったですし、住宅ローンを払い続けなくちゃいけない不安は私の心を苦しめました。

夫にはそういう金銭的不安を考えさせないようにしたかったのですが、やっぱり夫が一番憂えていました。

そこで私が専業主婦から脱して、夫の仕事をサポートすることにしたのです。

一応、キャリアウーマンだった時期もありまして、ブランクがあって不安でしたが、私がここで働かなければすべてが終わってしまう恐怖がありました。

そして少しでも夫が将来への憂いをなくして、ストレスがなるべくフリーな状態になって欲しかったこともありました。

夫のうつ病が治ることがすべての将来の不安を解決することになるわけですが、その時にできた精一杯の対策でした。

そのころ夫のうつ病は最悪期を脱していたとは言っても、完全にうつ病改善の進行がストップしていました。

家族の一員として妻の私が立ち上がるしかなかったのです。

そして夫が抱えていた仕事や取引先との人間関係のストレスを私は思い知ることになりました。

ただでさえ更年期障害がきつかった時期なので、それが治った今の状態から見ると、よく私も頑張れたなと思いますが、当時はもうやるしか生きる道はなかったんです。

でも、想像以上にきついものです。

仕事を私がするようになり、夫が私達を支えるために必死で頑張っていたことを思い知ったのです。